ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが   

ハタチの恋人 第10話最終回カテゴリの記事一覧

ハタチの恋人 第10話 最終回

ドラマ「ハタチの恋人」第10話 最終話

由紀夫(塚本高史)の父親に会う約束の日、ユリ(長澤まさみ)は圭祐(明石家さんま)が乗る大阪行きの新幹線に乗り込んでしまう。圭祐はユリに帰るように話しているとき、マナーモードにしている圭祐の携帯が震える。デッキで携帯をとった圭祐に、風太(市村正親)は由紀夫が行方不明になったことを伝える。ユリの行方を知らないと嘘をつく圭祐だったが、風太は嘘を見破り、誤解され、「人間のクズ!」と罵られてしまう。

またまたユリ(長澤まさみ)暴走中です。どうしたんでしょう

大阪まで一緒に来てしまったユリ。ホテルのフロントで手続きを済ませた圭祐は、ユリに鍵を渡し、由紀夫に連絡するように言ってホテルを出るのだった。帰り道、圭祐はある確認のため、絵里(小泉今日子)に電話をするのだった。

圭祐(明石家さんま)が、絵里(小泉今日子)にとった、ある確認ってなんでしょう??

その頃、ユリも由紀夫に電話を入れて謝っていたのだが、由紀夫は冷たく突き放して電話を切ってしまう。一晩中眠れないでいた様子のユリは、翌朝、ノックの音で目を覚ます。恐る恐るドアを開けると、ハイテンションの圭祐が現れる。「さっ!出かけるで!」。せっかく大阪に来たのだからと、案内を始める圭祐の後をユリは追いかけるようについていく。携帯と時計をユリから預かった圭祐は、今日一日だけ時間を止めて、今日一日は全部忘れて楽しいことだけ考えようとユリに提案する。そして、4時になったら東京に帰る約束をするのだった。大阪の名所を廻る圭祐とユリ。その姿は、まるでユリが20年間憧れていた父親と一緒に遊んでいるかのように、楽しそうである。大阪の公園にいる時、4時の鐘が鳴る。悲しそうにするユリに、圭祐は優しく帰るように促す。そして、本当の気持ちをお互い語りだすのだった…。

これで本当のお別れですかね、、、なんかいろいろ誤解があったとはいえ何か寂しいですね。
次回「ハタチの恋人」いよいよ最終回です。お見逃し無く!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。